グループ店向けSEO対策!店舗毎の対策方法

SEO

2022.08.01

前回の記事に続き、グループ店向けのSEO対策について解説させて頂きます!

今回は別ドメインで店舗運営しているグループ向けの内容になります。

>>前回記事:グループ店向けSEO対策!最も重要なポイントとは?

何を意識してSEO対策をするべきか?

前回の記事で、ドメインを統一した方がSEOには有利だという内容を記述しました。

とはいえ、グループの事情によって統一できないケースも多々あるでしょう。

そういった場合でも極力SEOを高める方法をご紹介させて頂きます。

1:キーワードの選定

まずはキーワードの選定をしましょう。

どの店舗でどのキーワードを狙うのか、を戦略的に考える必要があります。

せっかく複数店舗を運営しているのに、同じキーワードを食い合うのは勿体無いです。

まずはエリアを分散して対策するのが良いでしょう。

仮に同エリアで展開している場合は、料金帯(激安や高級)で分類する、店舗コンセプト(素人や人妻、ギャル、巨乳)などで分類して少しでも異なるキーワードで対策しましょう。

2:相互リンク

キーワードが確定したら、店舗バナーを設置してリンクを送りましょう。

リンクと同時にSEO効果も送ることができるからです。

それだけでなく系列店舗の良い宣伝にもなりますので、積極的にリンクを送る方が得策かと思います。

注意すべきポイントとして、余計なバナーは全て外した方が良いです。

バナーが多いとSEO効果が分散します。

媒体元が指定する広告バナーは仕方がないとして、もう必要のないバナーは全部省いた上でリンク設置しましょう。

別ドメインで運用するメリット

前回記事で、同一ドメインで運用する方がSEO観点では有利だと書きました。

しかしその中でも別ドメインで運用するメリットもあります。

それは、全く異なる系統のキーワードでも対策できることです。

例えば、高級店と激安店といった別価格の店舗展開、人妻店と素人店といった別ジャンルの店舗展開など、多岐に渡ったロングテール対策がしやすくなります。

まとめ

いずれにせよ、グループ店はSEOに有利だということが言えます。

ビッグキーワードを見ると、1ページ目に入るのは大手媒体とグループ店がほとんどです。

逆にグループ展開しているにも関わらず、SEOが弱い店舗はまだまだ伸び代があると思うので今一度SEOを見直すことをお勧めします。

SEO

お問い合わせ

必須
必須
必須
必須
必須

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.